2011年 06月 28日
年に一度ならフルはOK!
2軒目の診察を受けてきた。

大腿骨大転子部滑液包炎(だいたいこつ だいてんしぶ かつえきほうえん)を発症していたと思われるとの事でした。

私の脚はX脚で、しかも先生が笑うくらい左の大腿四頭筋が異様に硬く、
硬い筋肉が骨盤を引っ張り前傾していて、
これらが重なり大腿骨大転子部滑液包炎を起こしやすい(脚)との事だった。

「骨盤の話もするとすれば」と、やっぱり寛骨臼(臼蓋)のかぶりが浅いことも言われた。
先に奈良マラソンにエントリーしている事を伝えていたので、
「この骨盤ではウルトラはあかんけど、年1回か、2年に一度のフルなら」とOKくださった。

それを聞いた私は「年に2回はダメなんですか?」と(笑)
そしたら先生は「年に2回は調整が難しいよ。2回走るとしても最低でも4~5ヶ月は空けなあかんし、記録を伸ばそうと思ったらやっぱり年に1回」と(笑)
記録を伸ばすなんて・・・めっそうもない、限界を知りたかったんです、すみません先生・・・。

次回はシューズを持参で診察。
走り方の癖を診てくださり、負担が少なくなるよう指導してもらえるらしい!
1ヶ月後になるけど楽しみ。

うれしかったので、咲き始めたラベンダーを飾る余裕ができた。
c0034619_1152143.jpg

[PR]
by momaji | 2011-06-28 01:26 | 臼蓋形成不全
<< 6月走行距離(91.4km) 臼蓋形成不全 >>