2011年 12月 16日
奈良マラソン参戦日記 その2
窪之庄南からの上がり道を走りながら、初めて風景に目をやった。

一年前の初レースの時はかなり緊張もしてたけど、鴻池競技場から出てランナーで埋めつくされている公道を見た時にすごく感動した。

5月の岐阜の時は、川沿いで見晴らしが良く、あちこち観ながら走っていた。

でも今回は、何回か試走もしてきた事もあるだろうけど、沿道の方々の応援への感謝が先だった。

笑って「ありがとうございます!」と応えていた。
応えずにはいられなかった。
ものすごく寒いのに、じっと立ちっぱなしで見ず知らずの私たちランナーに声を掛けてくださる。
小さい人からハイタッチをもらう。
そうやって走ってたら、風景に目をやる事を忘れてしまってたのだ。

見上げた空は薄いグレーで、所々明るくなってた。
「晴れ時々曇りの予報やったけど、曇り時々晴れやな」と脚を進ませる。

「そう言えば、まだ脚は全然大丈夫や。ここまで2回したストレッチのお陰かな」と安心する。
「でもここからの坂は要注意!頑張りすぎない事!歩くつもりで走る事!」と。

スライドを狭め、腕の力で登っていく。
ペースはゆっくりだか呼吸は苦しくない。

上りの途中、約18kmの曲がり角を過ぎ、脳へのごほうびブドウ糖タブレットを食べる。
まだまだやる気になっててもらわないと困るから。
これもまた美味しい!
タブレットは5個か3個か迷った挙句(ポーチがいっぱいで)3個にしたんだけど、「5個にすれば良かったかも…」と過る。
「計算して摂らねば…。あと2個しかない…」

20km地点もほぼ予定のペースで通過。
あ、予定と言うか、最初のロスを取り戻せていた。

10km〜15kmまでの平坦コースで少しペースを上げて走れたから、7分/kmでの到着時刻に近づけていた。

そして大好きな白川大橋!
「(レースで)来れたー!」と感激!
空は半分ブルーに変わってた。
紅葉してる山が美しい!
深呼吸する。

そこからの下り、これがまた気を遣う。
脚に負担をかけないよう、これまたチョコチョコと降りて行く。
多くの人に抜かれるが気にしない。
下りも上りと同じく要注意なのだ。

山越えが終わり、天理市街地に入る。
緩やかな上りと下りになるがこれくらいは気にならない。

が、ここに来て山越えの負担が太ももに来てる感じが出始めた。微かな張り。
「とうとうきたか。でも半分は走れた。復路の山越えはもっと要心していこう。だけど歩かない!」

天理の折り返しを過ぎ、給食のおぜんざいを頂く。
美味しい!
甘いものの力の大きさがよくわかる。

ここでもしっかりとストレッチする。
「がんばってくれよー」と脚を擦る。
復路のスタートだ!

〜続く〜
[PR]
by momaji | 2011-12-16 15:09 | ランニング
<< 奈良マラソン参戦日記 その3 奈良マラソン参戦日記 その1 >>